借金を一本化するメリット・デメリット

借金を計画的に返せるのなら問題ありませんが、複数の金融業者から借金をして借金を借金で返すような状態のことを多重債務と言います。多重債務になってしまうと様々な業者に借金を返さなければならず、金利も多く支払う必要が出てきます。

このような状態になるとどの借金を返したのかもわからない状態になってしまいます。そんな状態を改善するためには、借金を一本化することがオススメです。

借金の一本化とは

借金の一本化とは、文字通り複数の借金をひとまとめにすることを言います。銀行などの金利の低いところからお金を借りてそのお金を使って複数の業者から借りた借金をすべて返済し、まとまったお金を銀行に返していくという仕組みになっています。

このような借金の一本化に使うことのできるローンのことを「おまとめローン」と言います。銀行だけではなく、消費者金融などの金融機関でも取り扱っているローン商品です。複数の借金があるというときに便利なサービスではありますが、通常のキャッシングよりも審査が厳しいのが特徴です。

これは、通常のキャッシングよりも金額が高くなる傾向にあるためです。おまとめローンは複数の借金を完済したいという場合には便利ですが、場合によっては債務整理を行った方が良いケースもあります。自分の借金は一本化することで完済できるのかどうかなどをしっかり考えてから利用することが大切となります。

また、場合によってはおまとめローンをする方が負担となってしまうケースもあります。負担を減らしたいのに逆に負担になってしまうのは意味がないため注意が必要となり、一本化した場合もしっかり返済計画を立てて完済を目指していくことが重要です。

おまとめローンの審査

借金を一本化する場合にはおまとめローンを利用します。おまとめローンの審査は二種類の審査方法によって審査されます。通常申し込み内容による審査と、コンピュータスコアリングという方法です。申し込み内容による審査は、申込書の内容に偽りがないかを調べる審査です。

職業や勤めている会社はどこか、年収のほか、今の借入状況のほか過去の事故履歴なども調べられます。また、本当に会社に在籍しているかを調べる在籍確認も行われます。次に行われるコンピュータスコアリングは個人の年齢や性別、勤務先、収入などに対して点数をつける方法です。

過去に借金をした似た人のデータを比べてきちんと返済されるかなどを審査されます。この二段階の審査が行われ、合格するとおまとめローンを利用することができます。申し込み内容に虚偽がある場合は、必ず落ちてしまうため正直に申告することが大切です。

合格しやすい傾向としては、働き盛りの20代後半〜40代後半の人が有利です。会社も勤続年数が長ければ長いほど良く、職業は収入よりも安定性が高い方が合格しやすいとされています。ブラックリストに過去掲載されてしまった、という人は即審査に落とされてしまうため一本化するのは不可能です。

一本化することのメリット

借金を複数の業者に借りてしまうと、どこにいくら返済したのかがわからなくなってしまいます。返済計画が狂ってしまうとその分生活にもどんどん負担が増えていきます。また、計画が狂えば狂うほど利息が増えていきます。

まず、銀行で融資を受けることができれば消費者金融よりも利息が低くなると考えられます。利息が低ければその分完済するまでの金額も少なくなります。また、複数の業者から借り入れてしまうと返済期日も複数になってしまいます。

給料日である25日に返済したら、その一週間後、10日後にまた返済日が来るというケースは珍しくないため、計画的な返済も立てにくくなってしまいます。返済ができなくなってしまうと、最初に返済したところから引き出して次の返済に借りたお金を回すなどという状態になってしまうケースはよくあります。

このような状態になってしまうと、自分一人では複数の借金を完済するのは難しい状態になりますが、一本化することで複数の返済日がなくなり月に一回だけになるためスケジュールも立てやすくなります。何より、一社だけに返済していけば良いというのは精神的な負担が軽くなることにもつながり、生活に余裕を持てることにもつながっていきます。

一本化のデメリット

いろいろメリットがある借金の一本化ですが、デメリットもあるため注意が必要です。まずデメリットとしてあげられるのが、一本化することで総債務額は増額してしまい支払い期間も長くなってしまうということです。

毎月の負担は軽くなりますが、合計支払い金額は結果的に多くなってしまうこともあるため、事前に返済総額のシミュレーションをあらかじめ行っておくことをオススメします。また、あくまでも一本化するだけで借金がなくなるわけでもなく、減額されるわけでもないため注意が必要です。

一つにまとめることで借金が減ったと感じる人も多く、新たに消費者金融で借り入れてしまう人もいます。

審査が厳しいのもおまとめローンの特徴です。特に銀行系など金利が安いところほど審査が厳しく、5社以上借りていると審査が通りにくいとされています。その他のデメリットとしては、借金をまとめることによって今までどこにどれだけ返してきたのかがわかりにくくなってしまうこともあります。

それを避けるためには、一本化する前にきちんと履歴を整理することが大切です。借金の額によっては借金を返す期間が長くなってしまい、金利によって逆に返すお金が増えてしまうこともあります。

借金の時効はどのように行われるか

審査に落ちた場合には

おまとめローンは審査が厳しいため、どんなに借金を一本化したくても審査に落ちてしまうというケースは考えられます。審査に落ちた理由を金融業者に聞いても教えてもらうことはできないため、別の金融機関に申し込んでもまた落ちてしまう可能性は高いです。

何度申し込んでも同じ結果になってしまうことも考えられるため、そんな時には無理をせずに債務整理をすることをオススメします。債務整理であれば、借金を減額したり、金利を安くしてもらうことができるほか、場合によっては自己破産をすることで借金をなくすことができます。

新しいローンを組めなくなるというデメリットがありますが、一度借金がなくなれば新たな生活がしやすくなります。借金の一本化だけではなく、自分のケースに合わせて借金を整理していくことが大切です。